- モンゴル現地ツアー会社|アルタンツアー - http://ecotripmongolia.com -

モンゴル周遊・フォトサファリーツアー

旅行情報日程表

概要

訪問先: 中央ゴビ県、南ゴビ砂漠、ウブルハンガイ県、アルハンガイ県、フブスグル県、ブルガン県、テレルジ国立公園、ウランバートル市
旅行内容: ウランバートル観光、ゴビ砂漠、ゴビ・ゴルバン・サイハン国立公園、ホンゴル砂漠、モンゴルの旧都カラコルム、エルデネゾー寺院、ホルゴ死火山国立自然公園、テルヒーンツァガーン湖、フブスグル湖等を観光、ラクダ騎乗や乗馬体験、ハイキング、魚釣り、バードウォッチング等。モンゴルの民族・歴史・文化・習慣を体験。
交通: 4WDジープ
日数: 14泊15日
実施期間:

5月01日から10月01日

旅程図

モンゴル周遊・フォトサファリーツアー

ツアー料金

ツアー料金

現地旅行代金:1200$より

旅行代金に含まれるもの

  • 運転手付き専用車で送迎
  • 日本語の通訳・ガイド(全日程)
  • 市内のスタンダードホテル2泊
  • ゲルキャンプ13泊
  • 1日3食付(全日程)
  • 乗馬、ラクダ、トナカイに乗る体験
  • 4WD専用車又はバス、運転手、車両の燃料込み(全日程)
  • 保護地・国立公園入場料・山地入場料
  • 博物館、民族コンサートなどの入場料
  • 市内観光
  • 税など

旅行代金に含まれないもの

  • 往復国際航空券又は国際列車代
  • オプショナルツアーへのご参加
  • 空港税
  • 海外旅行保険
  • ビザ取得費用
  • 個人的なお土産
  • チップ
  • ビール、酒などアルコール飲種など

ボグドハーン宮殿博物館 [1]

ザイサンの丘 [2]

ウランバートル

ウランバートル到着、日本語ガイドが出迎え、ホテルへご案内。夕食をとりながら旅行の準備、打ち合わせを行います。ウランバートル到着時間により半日または1日の市内観光をします。

ボグドハーン宮殿博物館

ボグド・ハーンとは、モンゴルチベット仏教の八代目、最後の活仏であり、かつモンゴルが清朝から独立した際に、皇帝として即位した、20世紀初期のモンゴルにおける政教双方のトップに君臨した人物です。ボグドハーン宮殿博物館は、このボグド・ハーンが冬の宮殿として使っていた場所を、その後博物館とし使用されています。建物は、1919年に建造された木組み方式の宮殿で、複雑な構造と、豪華な装飾でありつつも、釘を一本も使わない木組み方式であり、また、屋根には数多くの動物が飾られているなどユニークな部分もあります。内部には、活仏らしく、仏像・仏画が数多く飾られているほか、皇帝となったボグド・ハーンの豪華な生活を垣間見ることができる家具や、七百匹のテンの毛によ作られたコートや、黄金に輝くゲルなどが飾られています。

ザイサントルゴイ(ザイサンの丘)

モンゴル・ロシアの平和協定を記念して建てられた。ザイサンという、ウランバードルを一望できる丘の上にソ連兵士の像と、ソ連の援助、友好を示したモザイク壁画が飾られた記念碑があるところです。中国からモンゴルが独立できたのは、ソ連のおかげであり、また、ノモンハン事件で、日本軍がモンゴルに侵略した際にそれを撃退したのもソ連戦車部隊です。 そのため、モンゴルの独立に大きく貢献したソ連をたたえるため、ウランバートルの最も見晴らしのいい場所にこのような記念碑が建てられたものです。ザイサン・トルゴイご見学後、ホテルへご案内。

バガ・ガザリーン・チョロー [3] バガ・ガザリーン・チョロー

朝食後、ウランバートルから南にバガ・ガザリーン・チョローへ出発、終日、4WD専用車で大草原を走り、昼食、夕方に岩山々のバガ・ガザリーン・チョローに到着、夕食、夜は満天星を観察、ゲルキャンプ泊。

バヤンザグ [4] バヤンザグ

バヤンザグ バガ・ガザリーン・チョローからバヤンザグへ向かう、古代恐竜タルボサウルスの化石が発掘されたバヤンザグ、広大なゴビ砂漠、恐竜の卵が世界で初めて発見された。ゴビに生息する希少な動植物を観察。ゴビの絹の砂丘をラクダや徒歩で散策。バヤンザグからモルツォグ砂漠へ向かう。ラクダに乗り砂漠を歩く。ツーリストキャンプ泊。

ヨリーンアム渓谷 [5] ヨリーンアム渓谷
朝食後、ヨリーンアム渓谷をお楽しみいただけます。ヨリーンアム渓谷はズーンサイハン山脈を流れる珍しい狭い峡谷です。
切り立った200メートルもの岩壁の迫力。渓谷には厚い氷河層と見事な緑の牧草地が共存する場所です。夏の降雨時には、滝が岩の上から現れることも。多種多様な動植物を間近で見ることができるのも有名です。

5

ホンゴル砂漠 [6] ホンゴル砂漠

南ゴビで一番大きな砂漠です。モンゴルのゴビは国土面積の2、7%を占めるがそのほんの小さな分が生き物が住めない所である。ホンゴル砂漠は広さ15-20キロ、長さ180キロの面積を占める。ホンゴル砂漠の北側をホンゴル川が流れる。この川の辺には芝と花をはじめ様々な植物が生えている。ハイキング、ラクダに乗る体験、フォトサファリー、ツーリストキャンプ泊。

オンギーン寺院 [7] オンギーン寺院

オンギーン寺の近くにオンギ川が流れている。川の左岸にサイハンオボー山のふもとにあるお寺です。山のふもとの渓谷を特別な方法で建立させました。300年前はお寺の数も多く、当時は1000人以上の僧侶が住んでいたオンギ寺院を見学、ゲルキャンプ泊。

エルデネゾー寺院 [8] カラコルム

オンギーン寺からモンゴル帝国の旧首都カラコルムに向けて出発、モンゴル帝国の旧都カラコルムは1220年に建設され、ウランバートルから380kmに位置しています。エルデネゾー寺院は1586年にアブタイサイハンという王様の考えで古代モンゴルの首都カラコルムの遺跡の跡に建てられ、モンゴルにおけるチベット仏教の一番最初の寺院であり、世界文化遺産にも登録されまし た。その当時は62の寺院に10.000 人程の僧侶が住んでいた。エルデネゾー寺院の周りには108の仏塔があります。エルデネゾーには昔の装飾大工達が作った仏像、仏画、人の足 の骨および手の骨で作った楽器、仏教舞踊(ツァム)の衣装などが保管されている大規模な博物館を見学、フォトサファリー、ゲルキャンプ泊。

ツェンケル温泉 [9] ツェンケル温泉

カラコルムからツェンケル温泉へ向かう、ツェンケル温泉はウランバートル市から西方480キロ、カラコルムから北西120キロにアルハンガイ県ツェンケル村に位置しています。キャンプ地は森林を背にし、温泉が湧き出る風光明媚な場所に位置している。地下から湧き出る温泉は単純硫黄温泉。温泉は86.5℃、湧出量は10リットル/秒。草花の採取、蝶の採集、ハイキングや乗馬体験、ヤクに乗ることが出来ます。また遊牧民生活体験、文化的な交流をしながら乳製品作りも見学できます。フォトサファリー、ツェンケル温泉は日本式お風呂、露天風呂があって、旅の疲れをとり、リラックスできる、夜は満天星を観察できる。ツーリストキャンプ泊。

テルヒーン・ツァガーン湖 [10] テルヒーン・ツァガーン湖

ツェンケル温泉からテルヒーン・ツァガーン湖に向けて出発、ホルゴ死火山、テルヒーンツァガーン湖はアルハンガイ方面、ウランバートルから西へ650km行った所にあります。ホルゴという非常に珍しい形をし た死火山があります。/20.000年前に噴火/澄み切った水を持つテルヒーンツァガーン湖では多種多様な魚、鳥たちの囀り、遊牧民たちの生活様式 等を見学し自然のすばらしさを体験できます。フォトサファリー、ゲルキャンプ泊。

10

ジャルガル温泉 [11] ジャルガル温泉

テルヒーン・ツァガーン湖からフブスグル湖へ行く途中にあるジャルガル温泉露天風呂、お風呂付天然温泉施設。夜は露天風呂に入りながら満天星を観察する、ゲルキャンプ泊。

11

フブスグル湖 [12] フブスグル湖

フブスグル湖に向けて出発、ブスグル湖のゲルキャンプ到着。ウランバートルから600キロ離れた、高い山々に囲まれたモンゴル一深く大きな湖です。この湖の全長は約136km 幅は36km 深さは262mであり、湖の水量はアジアで2番目、世界では14番目に大きい湖です。全世界の水量の1%を占める湖です。この湖には珍しい魚、鳥たちがた くさん生 息しています。また、フブスグルの森の中にはトナカイを放牧して暮らしているツァータンと呼ばれる非常に珍しい民族がいます。フブスグル湖は国立公園に なっている。フォトサファリー、ゲルキャンプ泊。

12

ツアータン [13] ツアータン族

トナカイを飼うツアータン族、モンゴル北部の国立公園フブスグル湖の西部の森林に生活するツァータン族。彼らはトナカイを飼いミルク、肉、皮などを生活に利用する。生活手段としても使っ ている。ツァータン族の生活式は遊牧民民族と大きく違います。ウルツに住み、山の高い所に生活して居ます。この森林は自然豊かでアウトドアー、ハイキングの方にお勧めする。高山動植物の調査、ツァータン族の生活スタイル見学、写真撮影、トナカイに乗る体験、ゲルキャンプへ戻り宿伯。

13

Uran togoo mountain [14] ハヌイ川(ボルガン県)

フブスグル湖からブルガン県のハヌイ川に向けて出発、ハヌイ川到着、釣り、ゲル泊。

14

Amarbayasgalant [15] ダルハン市

ウランバートル市へ戻る途中に位置する製鉄工場の町ダルハン市に到着、ダルハン市を観光、フォトサファリー、ホテル泊。

15

スフバートル広場 [16] ウランバートル

ダルハン市からウランバートルへ戻ります。ホテルで休憩後、市内観光開始、ショッピング、市内観光開始。
ショッピング、スフバートル広場は市内の中心にあり、ここは国会議事堂、チンギスハーンの像、モンゴル0地点でもあり、広場中央には1921年のモンゴル革命の指導者のひとりスフバートル像と14頭の獅子像があります。スフバートル広場で記念写真撮影後、南ゴビで発見された恐竜の化石、モンゴルの珍しい動植物などが展示されている自然歴史博物館を見学、そして、ラマ教寺院、ラマ僧の勤行を見学る、チベット仏教の占いも体験できるガンダン寺を見学、ボグドハーン宮殿博物館を見学、第8代活仏の冬の宮殿。活仏の生活に使用された品や、曼陀羅・仏像などが展示されています。ザイサン・トルゴイの丘、ウランバートル市内を一望に見渡せる小高い丘、旧ソ連との友好を示したモザイク壁画がある。お土産ショップへご案内。モンゴル伝統音楽交響楽団による演奏を鑑賞後、宴会、ホテル泊。

16

チンギスハーン国際空港 [17] チンギスハーン国際空港

専用車にてチンギスハーン空港へお見送り。楽しかった思い出と共にご帰国

 

※ 日数、訪問先、日程内容、費用などについてはご希望に応じて対応致します。お気軽にお問合せ下さい。

※ 交通事情や天候条件により、日程の変更を余儀なくされる場合があります。ご参加の皆様には特殊地域 での旅行ということを事前にご了承いただいた上でご参加いただきますようお願い申し上げます。

 

スペシャルインタレストツアー 一覧